五重層とは縁起がいいですね!

0

    『シナンジュ』です。

     

    とるとるさんがとてもきれいに塗装をした『シナンジュ』
    お持ちになりました。

      

    伺うと何と五層の塗装だというのです(*^_^*)

    一層・・艶ありの黒
    二層・・スーパーシルバーを少し加えたカッパ―
    三層・・クリアオレンジを少し入れたクリアレッド
        コンパウンドで凸凹を修正
    四層・・デカール + スーパークリア
    五層・・スーパークリア

    そして、仕上げにタミヤのモデリングワックス

    Ψ(`∀´#)   ((+_+))

    塗装をちゃんとするとこんなに仕上がるのですね!
    そんなにしているからこの輝きなのですね!?


       
     

    以前に「ギャン」を同じにピカピカに塗装して
    お持ちになったとるとるさん!!




    いわゆるキャンディー塗装(!)が見事でした。
    今回もそれがまた一段階進んだ感じです。
    腕をあげました(^-^)v




    実はコックピットにいるパイロットもきちんと塗装しています。
    でも、残念ながら、ハッチを開けても
    足しか見えません(;^_^A ・・・・だそうです。


      

    以前、コックピットだからと塗装しなかった時があり、
    その時ちょっとザンネンと感じたようです。

    まあ、模型をいろいろと作っていくと
    いろいろな思いをするわけで、
    人生と一緒ですね!?
    ・・・・・何というか、新年早々人生訓ですか?

    いろいろと感じることも模型作りの醍醐味です!

    SEKIYAは
    今年も皆さんの模型作りのお手伝いをさせていただきます。


    よろしくお願いいたします。


    模型専門店 SEKIYA
    営業時間   10:00〜19:00
    定休日    火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     

     


    『ビギニング J ガンダム』も登場しました!

    0

      前回、『ビギニング D ガンダム』が登場しましたが、
      今回は『ビギニング J ガンダム』 の登場です。

      ふじさんに作っていただきました。

        

       はバンダイの説明ですと・・・
       “月刊ホビージャパンに連載中の
      「模型戦士ガンプラビルダーズJ」の主役機、
      「ビギニングJガンダム」も同じく立体化!
      特徴的な大剣「バーニングJソード」は両手に持つ2刀流や、
      2基を接続してツインランス状態を再現することが可能!
      太ももの付け根や腰パーツは新規造形され、
      スマートなフォルムを再現!・・・”

      ふじさん
      のこだわりで作られた『ビギニング J ガンダム』
      ポーズをつけるととてもカッコいいです。
      シールを使わず、塗装してあります。

       
         
        
       

      部分をふじさん得意のガイヤのメタルカラーです。
      このポイントがモビルスーツを引き締めます。
      そして、スミ入れもしていて、メリハリがつきます。

      モビルスーツの胸の辺りが赤っぽいとGMっぽいような気がします。
      が、今回のはちゃんとガンダムです。
      “今までにないガンダム”といった感じです。

      ソードも“バーニングJソード”
      ・・・カッコいいじゃないですか!

      「ビギニングガンダム」もケースの中で一緒にしました。



      3機揃い踏みです。
      なかなかの存在感!!!
      いい感じです。

      ぜひ、3機揃えてみてください。



      こんな感じです☆\(▽⌒*)

       


      模型専門店 SEKIYA
      営業時間   10:00〜19:00
      定休日    火曜日
      〒960-8034
      福島県 福島市 置賜町 6-16
      024-522-5497

       


       


      『ビギニング D ガンダム』の登場です!

      0

        模型雑誌をご覧なっておいでの方はご存じを思います。
        “電撃ホビーマガジン”で連載している
        「模型戦士ガンプラビルダーズ D 」の主役機がこれです。

        『ビギニング D ガンダム』

        三浦さんに作っていただきました。
        今回は店頭にいち早く展示するために
        手を加えないで完成させていただきました。

          

        シールを多用してありますので、
        塗装が苦手な方も気軽に作ることができます。

        三浦さん
        継ぎ目を消し、スミ入れをして、
        トップコートを仕上げにしています。

         
          
          


        ホビージャパンで連載中の
        「模型戦士ガンダムビルダーズ J 」と一緒に発売されました。



        同じく雑誌の連載モノの模型化ですが、
        DJ の違いで、だいぶ違った雰囲気です。
        ・・・当たり前ですか(;^_^A

        発売中のそれぞれの雑誌に記事があります。

        「模型戦士ガンダムビルダーズ D 」
        バンダイによりますと・・・・
        “フェイス部や肩、膝アーマーなどを新規造形するほか、
        専用装備である「ハイパーDライフル」と「ハイパーDサーベル」に加え、
        ビギニングガンダムの武装が付属!”ということです。




        ガンプラはプラモデルの成形色を活かし、
        スミ入れだけをして、
        最終的にトップコートで仕上げるという方法があります。

        この方法ですと
        手軽で仕上がりもよくできますので、お勧めです。


        もっと気軽にプラモデル作ってみませんか?!

         

        模型専門店 SEKIYA
        営業時間   10:00〜19:00
        定休日    火曜日
        〒960-8034
        福島県 福島市 置賜町 6-16
        024-522-5497

         

         


        「す」のG M です (^-^)v

        0

          ふじさん『 G M 』をお作りになって、お持ちになりました。

           

             
           

          のキットはとてもいいからそのままでO.Kということでした。
          だから、「素の G M です」ということです(^-^)v

          とはいえ、そこはふじさん(^-^)v

            
           
          ちょっとはいろいろとしています。
          ビームスプレーガンをいじったり、
          被弾の痕をつけたりしています。

            
           

          金属色の塗料は
          ガイヤのガンメタルとダークアイアンを
          使っています。・・・いい感じです。

          とにかく、キットとして出来がいいので、
          あまり手を加えないでいい・・・ということですから!
          そして、いろいろな G M  があるけれど、
          「やっぱり G M 」ということになるのですね!


          そうです!
          “ G M  ”はふじさんの“ G M ”から始まったのです。
          そして、たくさんの方々のバリエーション豊富な“ G M ”祭に
          なったわけです。
          ・・・なんかいろいろと思い出されますね!

          こんなにバリエーションも豊富だから、
          みなさん楽しんで作れるのですね(*^_^*)

          まだまだ いろいろなG M 、お待ちしています☆\(▽⌒*)


          模型専門店 SEKIYA
          営業時間   10:00〜19:00
          定休日    火曜日
          〒960-8034
          福島県 福島市 置賜町 6-16
          024-522-5497
           


          商品が発売される、その前に・・・!

          0

            しまさん『エールストライクガンダム&スカイグラスパー』
            作ってお持ちになりました。

             

            お持ちになった日が月刊の模型雑誌の発売日で
            何とその中の記事に発売予告がありました。

             

            「RGスカイグラスパー(ランチャー/ソードパック)」
            として、2012年2月に発売予定だそうです。
            商品になる前に間に合いました。

            発売を期待している人たちには
            ちょっと楽しみが増えましたね!

            いずれにしてもまだ発売されてはいません。
            そうすると、こうして作るわけです。
            しまさん、拍手です。

            今回のしまさんの作品は

            「RG エールストライクガンダム」
            「EX ガンダムシード メカセット1 スカイグラスパー」
            使っています。
              
              
             

            そして、手を加えていますよ!いろいろと・・・
            +ガンダムは足首のジョイントの付け根で3弍篦垢靴討い泙后

            +スカイグラスパーは
             
             


            真ん中のビーム砲が素っ気なかったので
            流用パーツで砲身を作りなおしたそうです。
            ・それにセンサー風のパーツを追加。
            ・主翼の外側のエンジンブロックは
            エールストライカーパックを干渉しないように
            下に下げて取り付けてあります。
            ・シールドとビームライフルは磁石で取り付けてあります。
            ・取り付け面は紙やすりを貼って回りとめにしてあります。

            これらの改造をして、
            自分の思うようなイメージに近づけていくのですね!

            そういうところがプラモデルの醍醐味でしょうか!
            次もお待ちしています。

             

            模型専門店 SEKIYA
            営業時間   10:00〜19:00
            定休日    火曜日
            〒960-8034
            福島県 福島市 置賜町 6-16
            024-522-5497

             


            しまさんがはじめて製作した戦車です!

            0


               

              しまさん
              はじめて戦車を作ってお持ちになりました。
              初めてとはちょっと意外な感じですね!
                
               

              ミリタリーミニチュアのファンの方にも
              是非、興味を持って欲しいという
              バンダイから発売されたシリーズです。
              「ハードグラフ」というシリーズの戦車です。

              そしてこの戦車は
              『地球連邦軍 61式戦車5型 “セモベンテ隊”』です。

              記憶に間違えがなければ、
              ミリタリーミニチュアの槙さんが以前
              興味を示したキットです。
                

              そして、今回の模型、しまさん
              特別な改造はしていないそうです。
              でも、アンテナは金属線を使いました。
              装備品をタミヤのMMシリーズから追加しました。

               
               

              塗装してからタミヤのウエザリングマスターを使って
              陰影を出しています。
              (ウエザリングマスターはなかなかの優れものです!)

                
               
              1/35の戦車ですが、かなり大きな感じです。

              相変わらず作業の早いしまさんです。

              次もお待ちしています。


              模型専門店 SEKIYA
              営業時間   10:00〜19:00
              定休日    火曜日
              〒960-8034
              福島県 福島市 置賜町 6-16
              024-522-5497

               


              「女性型ガンダム」バージョン違いです(@_@!)

              0

                 
                『ノーベルガンダム バーサーカーモード』
                三浦さんに作っていただきました。


                今回も4日間コースだったようです。
                4日間シリーズ・・・第何弾でしたっけ?

                今回の『ノーベルガンダム  バーサーカーモード  』
                成形色でそのまま組み立てました。
                最終的に半光沢のスプレーをなさったそうです。
                  
                 

                最終的には半光沢の仕上げですが、
                その前にスミ入れをしています。
                タミヤのスミ入れ塗料のブラックとブラウンを
                使ったそうです。

                シールもそのままだそうです。
                リボンの真ん中に貼ったメタリックグリーンのシール、
                とても馴染んで貼りやすかったそうです。
                   
                 

                バンダイのプラモデルは
                成形色がいい感じなので、そのままで
                スミ入れ・半光沢スプレーでもなかなかの出来になります。
                それに加え、シールなどで細部もバッチリです。


                これはとても大事で、
                最近「作るのが苦手!」・・という方や
                「作ってる時間がない!」・・・という方にも
                組み立てるだけもこの完成度というのは
                望まれていることですから。

                以前、「女性型のガンダム」と『ノーベルガンダム』
                ご案内したところ、皆さんにたいへん興味を持っていただきました。
                今回も「女性型ガンダム」のバージョン違いです。
                なかなかカッコいいです。

                入口のケースにも二階のケースにも
                「ガンダム」たくさんあります。


                ぜひ、実物をご覧ください。お待ちしています。


                模型専門店 SEKIYA
                営業時間   10:00〜19:00
                定休日    火曜日
                〒960-8034
                福島県 福島市 置賜町 6-16
                024-522-5497


                 


                GUNDAM AGE ・・・ 新しいシリーズの登場です!

                0



                  秋に始まるテレビ新シリーズのはじめの一歩です。
                  1/144『ガンダムAGE−1 ノーマル』
                  しまさん
                  に作っていただきました。

                    

                   

                  しまさんの第一声は
                  「思ってたよりカッコいい!」でした。

                  新作が発表されてから、
                  そのデザインなどにいろいろな意見(!?!)を
                  皆さんから伺います。
                  多くの意見は「あまりカッコよくない」とか
                  「好みではない」とか否定的な意見が多くありました。
                  ですから、しまさんの第一声にはちょっとびっくりしました。

                    
                   
                  そして、出来上がりをご覧になった方々からの感想は
                  模型になる時はそれなりのフォームに沿って作るのでしょう!
                  ・・・というのが大方の感想でした。

                   

                  放送が始まる前の皆さんの意見はいろいろとあり、
                  それはそれで楽しいものです。
                  始まればやっぱり見てしまうのもガンダムの底力のような感じです。

                  この秋からは新シリーズのガンダム

                  「機動戦士 ガンダムAGE」
                   ―― 三つの運命が歴史になる――

                   ご期待ください。


                  プラモデルも続々発売されます。
                  こちらもご期待ください。


                  模型専門店 SEKIYA
                  営業時間   10:00〜19:00
                  定休日    火曜日
                  〒960-8034
                  福島県 福島市 置賜町 6-16
                  024-522-5497

                   

                   


                  コンテストに間に合ったはずでしたが・・・

                  0

                    浅間さん『高機動型 グフ・カスタム』をお持ちなりました。
                     


                    コンテストを目指しておいでだったようですが、
                    浅間さんが納得できないことがあったので、
                    ちょっと遅れての出来上がりになりました。


                      

                    今回もいろいろと手が込んでます。


                    今回の浅間さん『高機動型 グフ・カスタム』は・・・
                    ベースはMG「グフ・カスタム」なのですが、
                    同じくMG「ジョニー・ライデン専用高機動型ザク供檻劭押
                    足してのオリジナルです。


                    ・頭部は目つきが鋭くなるように高さをつめました
                     
                    ・腰の後ろにバズーカを収めたかったので、
                     バックパックは、ザクの背中のうしろ半分ごと取り付けてスペースをあけています
                     
                    ・そして、そのバズーカラックは自作

                    ・胸上部は、バックパックが後ろに下がった分バランスをとって、
                     前に出しています
                    ・すねから下は、グフカスタムのイメージをできるだけ残すように加工
                     ・・もっと、高機動型ザク寄りにしたほうが目立ったかも??
                    ・ビームライフルは、ゲルググの物をベースにザクマシンガンや流用パーツで
                     試作型でまとまっていない雰囲気に。
                      
                    ・バズーカはドム用ジャイアント・バズ
                    ・バズーカラックに収まるようにサイトを2段階に折れるように加工
                    ・デカールは、HG−UCグフ用などを使用

                    そして、今回の納得のいかなかったところは
                    ・・・・色でした。
                    最初は、ランバ・ラル専用をイメージして濃い青を塗装!
                    でも、似合わなかったので、グフ・カスタムの色にもどしました


                    ・・・・・・・ということでした。



                    先日、完成品をお持ちなられたあるモデラーに
                    「しばらく、お休みしますか?」と伺うと、
                    「いえ、休まず作っていますよ!!!」とおっしゃっていました。


                    ほんとうに作ることがお好きなのです。


                    浅間さん
                    もそのお一人ですね!
                    次回作もきっちりご自分の納得のいくものを作ってください。

                     


                    模型専門店  SEKIYA
                    営業時間   10:00〜19:00
                    定休日    火曜日
                    〒960−8034
                    福島県 福島市 置賜町6−16
                    Tel  024−522−5497

                     


                    遠藤さん、最速記録更新ですね!

                    0

                       遠藤さん『ジム掘をお持ちになりました。

                       

                      どうしました?遠藤さん
                      早すぎやあしませんか?

                       
                       

                      コンテストの作品の受付をこの前、したばかりですよ!?
                      だって、アレは1年半掛かったって、言ってじゃないですか?!!!
                      ・・・最速記録ですね!素晴らしい!

                      ただ一言「“GM祭”に参加したかった!」そうです。
                      嬉しいですね! 
                      “GM祭”もいつの間にか始まりましたが
                      多くの方に参加していただきケースの中もにぎやかです。


                      製作の早さもさることながら、やっぱり遠藤さんです、
                      いろいろと手を加えています。

                      ・アンテナを別物に・・・伸ばしランナーだそうです。
                      ・ホッペのガードを広げた

                      ・フンドシをガンダムのにして
                      ・爪のスラスターを別パーツに
                      ・腰の正面装甲の形を変えた
                       
                      ・すねの側面のスラスターの吹き出し口を改造
                      ・バックパックのバーニアに部品を追加
                      ・シールドの連合軍マークを削り取って改造
                       
                      ・本体色の赤を減らした。
                      ・・・そんな感じです。


                      そして、“基本”に戻る事にしたそうです。
                      ・・・“汚し”をすると汚いだけになる事が多いようで、
                      そういう結論になったようです。
                      こういう踏ん切りも模型を作る時の大きな要素です。
                      どっちつかずだと中途半端な作品になってしまいますから。

                      この調子で次もお待ちしています!!!


                      コンテストの作品、展示中です。
                      皆さん、なかなか素晴らしいです!
                      どうぞご覧になってください。


                      模型専門店 SEKIYA
                      営業時間   10:00〜19:00
                      定休日    火曜日
                      〒960-8034
                      福島県 福島市 置賜町 6-16
                      024-522-5497

                       


                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      LINKS

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2600 最後に更新した日:2020/09/19

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM