自衛隊IFシリーズもVer.3です!・・・高野酒店さんです!

0

    高野酒店さんは飛行機がお得意です。

     

    以前、当店のコンテストにお出しになったのが
    自衛隊IFシリーズ Ver.2でした。

     

    今回は

          
    『自衛隊IF Ver.3』です。

     

         

       

         

     

                               

     

    Ver.2
    1/72 IAIクフィルC2でした。

     

    今回は
    AV−88Bハリアー競廛薀です。

     

        

     

    IF・・・もしかしたら!・・・

    F35Bより10年くらい早く導入するならば、
    こんなことあったかも!!!
    ・・・ということです。

     

    基本のキットは
    ハセガワ 1/72 AV−88Bハリアー競廛薀垢
    同じハセガワのキットのF−2から
    AMS−2ミサイルを移植したのだそうです(^-^)v

     

         

     

           

     

        

     

    それから
    後部にGPSアンテナを追加したのだそうです。

     

        

     

    そして
    コクピットの中に
    シートベルトとHUDを追加で工作したそうです。

     

      

     

    配色は
    自衛隊の洋上迷彩をまねてみたとのこと。

     

      

     

    そして
    日の丸は
    マイクロエースの1/144 F−1 3機セットから
    いただいたそうです。

     

      

     

    そんな訳で
    “IF”シリーズは模型の楽しみ方の一つですね!

     

         

     

    想像力を膨らませて、
    作ってみるのもいいですね!


    模型専門店 SEKIYA
    営業時間 10:00〜19:00
    定休日 火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     


    たまごガールズのシリーズも第5弾になりました(*^_^*)

    0

      しまさんたまごガールズコレクションをお持ちになりました。

       

      しまさん

      たまごガールズとたまご飛行機

      二人と2機でセットにしています。

       

      今回はシリーズNo.9とNo.10です。

       

      それでしまさんとしては第5弾です(*^_^*)

       

         

       

      タイトルは

      『ミグ15  クレア フロスト

       T−4   白凪 みくも  』です。

       

            

       

                

       

              

       

      このシリーズは

      作ることにはとても慣れているので

      今回も特に難しいところはなかった!

      というのが感想です。

       

      まずは

      ミグ15とクレア

       

        

       

      ミグ15は後ろのエンジンが空洞のため

           おたすけグッズを入れたそうです。

       

           

       

      クレアはカジノ系のバニーガールに!!

          肌色は今までと同じだそうです。

       

      そして

      T−4は2回目の登場です。

       

       

       

      以前のT−4はこちら!

      http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2370

       

         

       

      この白凪みくもの肌色は混色したそうです。

       

         

       

      それからこのT−4にはコックピットに人がいます。

      ちゃんとたまごガールズにイメージを合わせています。

       

               

       

           

       

      どちらもデカールは付いているのですが

      長さなどが足りない時があり、

      そうなると「塗ってしまった方が早い!」

      ということになってしまうわけです。

       

        

       

      それにしても

      シリーズにしても

      このシリーズはどこまで続くのか?!

      ・・・と心配のしまさんでした。

       

       

      模型専門店 SEKIYA

      営業時間   10:00〜19:00

      定休日    火曜日

      〒960-8034

      福島県 福島市 置賜町 6-16

      024-522-5497

       

       

       


      昔の「さらば宇宙戦艦ヤマト」を観ていた人はわかる!・・・と河野さん!

      0

        河野さんがメカコレのコスモタイガー兇房蠅魏辰┐
        お持ちになりました。

           

            

         

        『コスモタイガー  Ver.K』

         

               

             

                  

         

                            


        Ver.K河野さんのKだそうです(^-^)v
        ・・・いいですね!


        改造したのは
        「機首をまっすぐ!」にしたのだそうです。

         

              

          

             

         

        書いてしまえば簡単ですが
        作業はそんなに簡単ではありません。

         

        切った!
        はった!
        持ち上げた?!

         

        いやいや!
        違いますね!

         

        機首を改造しているのですが
        尾翼も改造しています。

         

              

         

              

         

             

         

        尾翼の角度ではなく、
        尾翼それ自体をです!

         

        ゆるいカーブになっているのですが
        そこをまっすぐにしたそうです。

         

        こうしてきちんと改造してあると
        最初からこうだったのかと思ってしまいます。

         

        改造ですが
        もう一カ所しているそうです。

         

        後ろのオレンジの部分です。

         

           

         

        そこもまっすぐにしたのだそうです。

         

            

         

        改造した理由は
        キットがデフォルメされているからだとか!

         

               

         

               

         

        設定書の通りにしたいと思った河野さんとしては
        やるしかないのです。

         

             

         

        イメージと違っていると思ってしまったわけですから!

         

                

         

               

         

              

         

        この頃は素材や工具などもいろいろ身近にあります。

         

        だいぶ以前よりは挑戦しやすいはずです。

        ・・・とは言っても、なかなかできないものです。

         

        そんな河野さん


        次の作品もあります。


        楽しみにしてお待ちください。

         

        模型専門店 SEKIYA
        営業時間 10:00〜19:00
        定休日 火曜日
        〒960-8034
        福島県 福島市 置賜町 6-16
        024-522-5497


        タンポポ!たんぽぽ!・・・蒲公英・・・ダンディライオン

        0

          槙さんの新作です。

           

                       

           

          『ダンディライオン フラワー
                  M4A1 シャーマン 中期型』
          です。

           

                  

             

                    

           

          槙さん!
          これだったんですね!

           

          以前、槙さん
          「いま、たんぽぽを50コつくっている!」とお話しなさっていました。

          50個も作るのはそれはたいへんだったと思います!

           

             

           

          このタンポポは
          和巧 紙創りのものです。

           

              

           

          以前、
          ベトナムのジャングルの時も
          この和巧 紙創りのものを使っておいででした。

           

              

           

          http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2446

          これもいい感じでしたね!


          それにしても
          今回のジオラマもとてもいろいろな表情を見せてくれます。

           

          戦車だけではなく、

                  

           

                   
          兵士だけでなく
          動物だけでなく

           

            

           

          水辺あり、
          木陰あり、
          タンポポがたくさんあり、

              (戦車の後方やサイドにもあります!)

               

               
          トランプあり、
          ひつじあり、

                
          雑誌あり、
          新聞あり・・・

           

          いろいろな「モノ」や「コト」を探すだけでも楽しくなってしまいます。

           

          このシーンは
          兵士たちの一休みなのでしょう!

           

          兵士たちもそれぞれ表情豊かです。

           

                 

           

          木陰で休んでいる人々は    
          雑誌を読んだり、

             
          新聞を広げてトランプをしたり、

             
          一服していたり、

             
          寝ていたり、

             
          ・・・それぞれがいろんなスタイルでいます。

           

          ひつじの親子もいます。

             

          カワイイですね!

           

          水辺には飲み物を冷やしているようです。

             
          結構な量がありますね(笑)

           

          そういえば、
          この水の部分を作るのがたいへんだったとか・・・!

           

            

           

          こういった作業は
          型枠を作り、そこに樹脂を流し込む訳ですが


          これが「型枠の隙間からドボドボと出てしまった!」そうです。

           

          これはたいへんです。ドボドボですから!

           

          そこを乗り越えて、完成したわけですね!

           

          さすが槙さん

           

          ジオラマは
          ほんの一瞬を切り取ったもの!

           

          そして
          作品を見る人はその情景から自由にイメージを膨らませるわけです。

           

          それと
          タイトルからもいろいろな発想をします。

           

          今回は
          ダンディライオン・・・ユーミンの曲を思い浮かべたりもしましたが(笑)

             

          ダンディライオン ・・ タンポポのことです。

           

            

           

          槙さんは戦車ももちろんですが
          ジオラマにこだわっていますね!

           

          どんなところからイメージされるのか
          今度、是非伺いたいです。

           

          ということで、
          製作については「いつもの通り!」
          ・・・とおっしゃいますので、
          今回は「ダンディライオン」

          ということで、
          槙さんの作品から皆さんイメージしてみてください。

           

          模型専門店 SEKIYA
          営業時間 10:00〜19:00
          定休日 火曜日
          〒960-8034
          福島県 福島市 置賜町 6-16
          024-522-5497

           


          二つ目のスーパー・スター・デストロイヤーです!

          0

            まっともさんの作品が先行しました。

             

            今回は河野さんの作品です。

             

                   

             

            スター・ウォーズ ビークルモデル
              『スーパー・スター・デストロイヤー』です。

             

                      

             

                      

             

                                

             

            河野さんまっともさん
            同じキットですのに

             

                

             

            イメージが変わります。

                

                 

             

            そこがプラモデルの面白いところですね!

             

            河野さん
            若干グレーがかった白で全面塗装したそうです。

             

                 

             

            構造物は
            ほぼ黒で塗装したのだそうです。

             

                  

             

            そして、グレーのウエザリングカラーでスミ入れ!

             

                   

             

            最後にスポンジヤスリでやすったのだそうです。

             

            ヤスリは
            下地が透けるくらいまでやすったそうです。

             

            お二人のそれぞれの個性が際立ちます。

             

                  

             

            今回のビークルモデルを作る際
            河野さんがおっしゃるには
            ビデオを観て、
            イメージトレーニングをしてから作業をしたのだそうです。

             

                 

             

            さすがです。

             

                  

             

            それぞれのアプローチの仕方があるものです(^-^)v

             

            模型専門店 SEKIYA
            営業時間 10:00〜19:00
            定休日 火曜日
            〒960-8034
            福島県 福島市 置賜町 6-16
            024-522-5497

             

             


            お待たせしました春ニパ子です!

            0

              チョトプラモというシリーズのニパ子です。

               

                        

               

              題して
              『春ニパ子』です。

               

                     

               

              作者はしまさん

               

                  

                   

                               

               

              以前、
              ミニマムファクトリーシリーズでニパ子を作っておいでです。


              でも、そのシリーズの春ニパ子は作りませんでした。

               

              しかし、今回、サンプル用のキットをいただいたものですから
              新人が作ることになり、しまさんにもお願いしたわけです。

               

              春ニパ子・・・寒さはこれからだというのに
              秋色でもなく冬色でもなく・・・春色のニパ子です(^-^)v

               

              なかなかかわいいですね!

               

              今回の凄技は
              何と言っても左手に持ったプラキットです。

               

                  

               

              よーーく見てください。


              抜いてあります。

               

                   

               

              と言っても、
              最初がどのような状態だったかわからないですね!

               

              このようでした!

               

                    

               

              チョトプラモのサルのキットを持っているのですが
              それを薄くしてそして0.3とか0.4とかのピンバイスを使いながら
              くり抜いたわけです・・・凄いですね!

               

              それに
              今回サンプルのため、キットには入っている目などのシールがないのです。

               

                      

               

                            

               

              ですから、
              目や口を描かなければいけません(p_-)

               

                   

               

              目は横長の目にしたのだそうです。

               

              縦長の目にするとロンパリになってしまうのだとか!

               

              もう少し詳しく伺ったので
              以前作ったプロボックスにあるニパ子の目を
              プリントアウトしてみたら、大きさがあったので合わせて
              それでマスキングにしたのだそうです。

               

              かにかま先生のを見本にしたのだそうです。

               

                 

                 

               

              それから
              口の輪郭と目の輪郭はタミヤの面相筆を使って黒い線を描いたそうです。

               

              文章にしてしてしまうとこんなですが
              実際にやるとなると、息を止めて、手の一部を固定したり・・・
              ・・・とたいへんだそうです。

               

                  

               

              ということで、
              目のシールがなくても大丈夫なのかもしれませんね!

              かもです。

               

              新人も先日ツイートにアップしていました。

              こちらもなかなかの出来でした。

              しまさんの目をだいぶ研究したようです(#^.^#)

               

                    

               

              それから
              ベースですが、
              これはご存知のプラカラーのキャップです。

               

                       

               

              ピッタリですね!

               

                  

               

               

               それから、オマケです。

               

              この春ニパ子をお持ちになった時
              『KASUMI』を一緒にお持ちになりました。

               

                      

               

              これはイベント限定のキットだそうです。

               

                           

               

                           

               

              こちらも作りやすかったそうです。

               

               

              ということで、
              しまさんの作品 2点でした!

               

              ケースの中は
              ニパ子の共演です!

               

                 

               

                 

               

              それぞれに個性があり、賑やかです。

               


              模型専門店 SEKIYA
              営業時間 10:00〜19:00
              定休日 火曜日
              〒960-8034
              福島県 福島市 置賜町 6-16
              024-522-5497


              「スーパー・スター・デストロイヤー」スターウォーズ ビークルモデルの新作です。

              0

                まっともさん
                スターウォーズのビークルモデル016

                    

                       

                  
                 『スーパー・スター・デストロイヤー』をお持ちになりました。

                 

                       

                    

                           

                 

                                      

                 

                一目見てその形に驚きます。

                 

                薄く平らで細長い!・・・ほんと、そんな感じです。・・・

                 

                      

                 

                   

                 

                    

                 

                それでまっともさん
                「形が平べったいので
                 強めの汚しをして、
                 メリハリをつけた」・・・のだそうです。

                 

                     

                 

                作っている間、
                このモールドが凄い!凄い!・・・と感心していたとのこと!

                 

                      

                 

                確かに何とも凄いモールドです!

                 

                  

                 

                汚しは
                タミヤ ウエザリングマスターのCセットを使ったそうです。

                 

                    

                 

                特にガンメタを多めに使っているそうです。

                 

                それから
                ガンメタとアカサビの混ぜて使ってみたり、
                その上に
                またウエザリングをしたり・・・

                 

                     

                 

                スミ入れをするとモールドがよくわかるようです。

                  

                  

                 

                今回も組立ては20分、塗装に40分!
                ・・・という感じだったそうです。

                 

                コンテストに戦車を出品するために
                製作・塗装・・としたので、
                その勢いで作ってしまった・・・ようです。

                 

                手軽に作れるのに仕立て映えする・・ということは
                このビークルモデルのキットとしての完成度の高さです!ね!

                 

                     

                 

                キットの側面に書いてありました。
                「実際の撮影用資料を徹底的に検証し、そのスタイルとディテールを、
                成型技術を注ぎ込み手のひらサイズに凝縮再現したプラモデルキットです。」

                 

                ほんとうにそうですね!

                 

                スター・ウォーズの新作も楽しみです!

                 

                 

                模型専門店 SEKIYA
                営業時間 10:00〜19:00
                定休日 火曜日
                〒960-8034
                福島県 福島市 置賜町 6-16
                024-522-5497


                「台無しにしてる?」・・・そんなことないです!

                0

                  バンダイのFigure-rise LABO
                  『ホシノ・フミナ』(The Second Scene)
                  です。

                   

                     

                   

                  作者はしまさんです。

                   

                    

                   

                  「全塗装してしまいました。」としまさんが言ってお持ちになりました。

                   

                  ほんとうは塗装してはいけないものなのでしょうか?!

                   

                  初回は黄色の水着だったのが

                     

                  再販は黒い水着になり、
                  ゲートの位置も少し変わったとのこと。

                   

                       

                   

                  今回
                  いろいろとお話しを伺うと・・・

                  脇腹にあったゲートは見えないところになったけど
                  足のゲートはそのままだった!


                  ある角度からどうやっても見えてしまうというのです。

                   

                  それに
                  腕は通常のプラだったので
                  ・・・・そのあたりでこれは全塗装しかないと思ったそうです。

                   

                  それに

                    

                    


                  目の部分はフィギュアライズの目だったので
                  目や眉なども塗装したのだそうです。

                   

                  そして、
                  肌はクレオスの肌色!

                         
                  ・・・下地肌色にピンクをまぜて、シャドウ吹きでレッドの方を使ったそうです。

                   

                  キットとしては
                  組むのはとても楽だったそうです。

                   

                    

                  パーツの分割もそれなりで
                  パーツことに一色になっていたそうです。

                      
                  パチパチと組めて、作りやすいということです。

                   

                  あっ!
                  それからガイアののクリアホワイトをベースに少しつかったとのことでした。

                   

                     

                   

                  しまさんはのべ3日間くらいで仕上げたとのことです。
                  ・・・これがしまさんのマイペースです。


                  模型専門店 SEKIYA
                  営業時間 10:00〜19:00
                  定休日 火曜日
                  〒960-8034
                  福島県 福島市 置賜町 6-16
                  024-522-5497


                  「石像みたいになってしまいました!」・・・と高坂さん!

                  0

                    なっちんに続いて、ガチャーネンの登場です。

                    高坂さんがコンテスト間近にかかわらず作品をお持ちになりました。

                     

                        

                     

                    『ガチャーネン RACCOON』です。

                     

                         

                     

                           

                     

                    なっちんやみかんかっぱたちの隣に並んでいます。

                     

                       

                     

                    そしてなかなかいい感じの仕上りなっています。

                     

                    ガチャーネン
                    新人くんが以前作って塗装していました。

                     

                    「最初から大きなものではなく小さいものから練習するといいよ!と
                    アドバイスをしてくれたのは高坂さんだったような・・・!

                     

                    そうして一色塗りから新人くんは始めたのでした。

                     

                    とは言ったものの、
                    高坂さんも小さいけれど手軽じゃない!

                    ・・と、その後、お話ししていました。

                     

                    もっとも思うように仕上げるには

                    サイズはあまり関係ないようです。

                     

                    高坂さんは

                    今回は筆塗りで仕上げたのだそうです。

                     

                    小さいからと言って手を抜きません。

                     

                    アンテナもきちんとつけています。

                      

                         

                     

                    汚しもバッチリです。

                     

                          

                     

                    本体の中には
                    真鍮線を貫通させてあるそうです。

                     

                          

                     

                    なっちんなどと並んでいますが
                    存在感が少し違うのは世界観の違いなのでしょう!

                     

                     

                     

                    こういったところが模型の世界は楽しいです!

                     

                    サイズの大小にかかわらず、

                    作ること、塗装すること・・・いろいろ楽しんでください!

                     


                    模型専門店 SEKIYA
                    営業時間 10:00〜19:00
                    定休日 火曜日
                    〒960-8034
                    福島県 福島市 置賜町 6-16
                    024-522-5497

                     

                     


                    続きまして、白いなっちんです。それからヒゲの隊長です?!

                    0

                      ちょっと間があいてしまいましたが、
                      “みかんかっぱ”の次は再び“なっちん”です!

                       

                         


                      『なっちん PKO仕様』です。

                       

                                 

                       

                                   

                       

                      製作は前回の“みかんかっぱ”と同じくWaiqueureさん!


                      “なっちん”が今回は白くなっています。
                      ・・・それはPKO仕様だからです。

                       

                          

                       

                      ちゃんと「UN」と国連の文字もありますね。

                       

                      今回は
                      “なっちん”のスケールが話題になりました。

                       

                      というもの
                      オリーブグリーンの“なっちん”は1/100だったと

                       

                          

                       

                      それが
                      サンドイエローになったら、1/72という表示になっているからです。

                       

                      ですが、
                      今回は1/100ということで!

                       

                      それはヒゲの隊長が
                      バンダイの1/100 ビルダーズパーツだからです。

                       

                      二人の人は自衛隊隊員その内の一人は
                      有名なヒゲの隊長、福島出身の佐藤まさひささんです!

                       

                            

                       

                      ご覧いただくとわかるでしょ(^-^)v

                       

                      そして

                      “なっちん”
                      少し改造をしています。

                       

                      まず、
                      前のバンパーパーツにワイヤーがひっかかるように
                      穴を開けたのだそうです。

                       

                         

                       

                      それから
                      頭部を削ってネジ穴を作ったのだそうです。

                       

                          

                       

                      それから
                      “なっちん”の塗装・・・

                       

                      全体的に塗ったつや消し白は
                      「ていねいに!ていねいに!」塗ったそうです。

                       

                      シールドの裏側は
                      ちょっとウェザリングをしたそうです。

                       

                        

                       

                      関節は
                      ニュートラルグレーに白を足して、

                      ダクトの中は鉛筆でチョチョイと・・・

                       

                      テールランプは
                      下地にシルバーでクリアレッドとクリアオレンジを

                       

                      効果的に部分的に使っているライトブルーは
                      それらは手描きです。

                       

                         

                       

                      この色は
                      自衛隊隊員のベレー帽やカメラアイなどとお揃いにしたのだそうです。

                       

                      自衛隊の制服は
                      色々な色を使っています。

                       

                         

                       

                      ディトナグリーン、つや消し白、ニュートラルグレー、
                      ライトブルー、黒、シルバー、ピンクなどです。

                       

                         

                       

                      デカールは
                      ガチャーネンのコーションデカールを使ったそうです。

                       

                      “なっちん”全体の白は
                      国連仕様ということで、


                      それから07・・・これは“なっちん”に由来

                       

                        

                       

                      公道を歩いたり、走ったりするので
                      ナンバープレートも付けたのだとか・・・!!!

                       

                         

                          練馬  
                            99 ・・・ 特殊車両のこと
                            07 ・・・ “なっちん”なので

                       

                      ボディーの下の方にある「UN」
                      ・・・ 国連のことですが、デカールを探したり、作ったりするより
                      早かったので手描きにしたのだそうです。

                       

                        

                       

                      そう、それから、

                          
                      足の裏に肉球を手描きしました。

                       

                      こんな通常見えないところにまでの気配り
                      ・・・さすがWaiqueureさんです(*^_^*)


                      肉球は「歩くときに便利だろう!」というお話しでした(^-^)v

                       

                         

                       

                      ・・・・ということで、
                      なかなか楽しい“なっちん”です。

                       

                      ケースに並んだなっちん

                       

                            

                       

                      楽しくご覧ください!

                       

                      模型専門店 SEKIYA
                      営業時間 10:00〜19:00
                      定休日 火曜日
                      〒960-8034
                      福島県 福島市 置賜町 6-16
                      024-522-5497

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      LINKS

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2570 最後に更新した日:2020/05/24

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM