槙さんのシェリダンです!ベトナムのジャングルです!

0

    ミリタリーの槙さん

     

       

     

    今回の作品は
    『アメリカ空挺戦車 M551シェリダン(ベトナム戦争)』です。

     

      

     

     

    一度見ただけで印象に残るシーンになっています。

     

    ベトナムのジャングルを思わせるシーンだからなのかもしれません。

     

     

     

    槙さんがお使いになった植物類はほんとうによくできています。
    和巧 紙創り・・・というところのものです。

        

    槙さんはこの頃これがお気に入りのようです。
    今はタンポポを作っているとかいないとか・・・(*^_^*)

     

    その紙創りのモノ以外に
    10年物のバジルなども使っているのだそうです。

     

    そんな風で
    ベトナムのジャングルのイメージをバッチリと作ったわけです。

     

    これらの植栽に加えて“水の貯まり”?!

      
    ・・・これはタミヤの水の素、というのか
    エポキシ樹脂を使ったとのこと。

      
    それにチョチョイのチョイと色を着けたわけです。

     

    戦車の作り方や塗装は「いつもと一緒です!」
    ・・・と槙さんはおっしゃいます。

     

    兵士は3人!

    ドライバー、ローダー、コマンダーです。

     

      

     

        

     

    それで部分的なお話しを少し!

     

      

    塗装や汚しですが
    シェリダンは車体がアルミ合金なので錆はあまりつけなかったそうです。

     

    砲塔の部分は鉄なので
    そのあたりには少し錆を・・・(^-^)v

     
    それから
    戦車のことを!

     

    コンパクトにまとまっているのは
    タミヤのキットの箱の側面なので
    その説明を次に・・・

     

    水上浮航や輸送機からの空中投下が可能な空挺戦車として、1959年から開発が
    進められたのがアメリカ軍のM551シェリダンです。軽量化のため車体をアルミ
    合金製とし、主砲には通常弾に加えシレイラ対戦車ミサイルも発射できる152
    ガンランチャーを装備するなど当時の最新技術を導入し、1966年5月に制式化。
    同年6月から1970年11月までに1、600輌以上が生産されました。ベトナム
    戦争中の1969年1月に初めて実戦に投入され、強力な多目的榴弾を使用した
    陣地攻撃などに威力を発揮。戦訓により車体前部底面などに対地雷用の増加装甲を
    施し、車体前面に対戦車ロケット弾対策のワイヤーネットを装備した車輌や、キュー
    ポラにM113ACAV用の大型ガンシールドを装着した車輌なども見られました。


    以前、
    質問のあった前方についている透明のパーツは
    水に入った時に立たせて水よけにするそうです。

     

    浮き輪が内蔵されているということも教えていただきました。

     

    戦車に載っている小物類はタミヤ以外のものが多かったりするようです。

      

     

      

     

    こんな感じで、
    今回も皆さん納得の作品に仕上がりました。

     

      

     

    次もお待ちしています。

     

      

     

    模型専門店 SEKIYA
    営業時間 10:00〜19:00
    定休日 火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     

     


    ゲームコーナーからのお知らせ  190622

    0

      新入荷のご案内

       

      6月 22日 入荷

       

      富士見書房
      ソード・ワールド2.5リプレイ
            『トレイン・トラベラーズ!3』                           ¥820+税

       

      書苑新社
      アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版
            『ソーサリー・キャンペーン』                            ¥3600+税

       

              

       

      国際通信社
      コマンドマガジン147号(アイゼンハワーの戦い) ¥3600+税

       

      新紀元社
      ロール&ロールVol.177
            特集:獸の森                                                    ¥1400+税

       

              


       

      ホビージャパン
      D&D第5版
           『ウォーターディープ:狂える魔道士の迷宮』         ¥6000+税
      D&D第5版 ダンジョン・マスターズ・スクリーン
           『ウォーターディープ:狂える魔道士の迷宮』         ¥2000+税
      D&D第5版 ダンジョン・マスターズ・スクリーン
           『ウォーターディープ:ドラゴン金貨を追え』         ¥2000+税

       

            


      アークライト
      ☆★『緑のカジノロワイヤル 完全日本語版』                ¥1800+税

      ☆★『サスピション 怪盗が多すぎる 完全日本語版』      ¥3500+税

      ☆★『バベル』                                                       ¥2500+税

       

      ホビージャパン
      ☆★『カルタード fromえんどろ〜!』                        ¥1800+税

      ☆★『ツインイット!ゲーマーズエディション日本語版』           ¥2200+税

       

           
       

      チョコレイト
      ☆★『ツッコミ かるた』                                           ¥2315+税

      ☆★『闇金ウシジマくん 裏社会大富豪』                       ¥3000+税

       

            


          * 予約・ご注文はいつでもお気軽にお申し付けください。 

       


      模型専門店 SEKIYA
      営業時間 10:00〜19:00
      定休日 火曜日
      〒960-8034
      福島県 福島市 置賜町 6-16
      024-522-5497


      ガンプラおっさんが、戦車を作ってみた。(第二弾)・・・浅間さんです!

      0

        浅間さんがご自身を“ガンプラおっさん”と名乗り、

        製作した作品ばかりではなく、

        “戦車製作記”も書いて、

        お持ちになりました。

         

        前回のシェリダンに続いての第二弾です(^-^)v

         http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2416

         

        作品は

        1/35のトランペッターの戦車です!

         

           

         

        『E−100』です。

         

             

                 

         

                             

         

        では、浅間さんの戦車製作記です!

         

        ・・・

         

        今回の製作は、トラペッターのE−100です。

         

        発売と同時に、購入した記憶があるのですが・・・。

        塗装前まで製作し、数年間ホッたらかしでした。

        理由は、架空戦車とはいえ、

        その当時の技量ではリアルな表現が出来ないのではないかと

        腰がひけっちゃたからです。

         

        先日、TAMIYAのシェリダンを製作し、

        ちょっとだけ自信が付いたので、完成までこぎつけました。

          

        キットは無改造ですが、キューポラのペリスコープが付属していません。

              

        本来ならクリアパーツが付属しそうですが・・・、ここはポリパテで塞いで

        成形してあります。

         

        塗装は、前回のシェリダンをもとに、全てアクリルで塗装しています。

         

          

         

        NATOブラックをベースに、ホワイトで黒立ち上げをし、オキサイドレッド色を

        吹きます。

           

        オキサイドレッド色は、フラットレッド+フラットブラウン+ホワイト少々、

        イメージで混色しています。

             

        ダークイエローも、イメージでホワイトを少量混ぜています。

        スポンジチッピングも、傷の表現も、初めてでしたが、

        ちょっとやりすぎだったかなと。

         

        汚しは、ウェザリングマスターAセットです。

         

        履帯は、Mr.ウェザリングペーストのマットレッドを塗った後、凸部分を

        溶剤で拭き取り、

           

         

             

        ウェザリングマスターAセットでランダムに汚してあります。

                            

        予備履帯には、NATOブラックをベースに、フラットブラウンとオレンジを

        ランダムに吹き、ウェザリングマスターCの赤さびと5Bの鉛筆を擦り、

               

        ガイアノーツ エナメルカラー(赤サビ)を使って「錆」を再現してみました。

             

        これも、ちょっと大げさだったかな?

        ここも、まだまだ勉強です。

         

            

         

                 

         

        改めて完成したモノを見ると、架空戦車とはいえ、なかなかのカッコよさです。

        今では、いくつかのバリエーションが発売されていますが、このE−100

        一番好きです。

        技量が上がったら、また、作ってみようかと思います。

         

         

        ・・・・

         

        と、いうことでした。

         

        この調子でいくと第3弾も届くかも知れませんね!

         

          

         

        お待ちしています(^-^)v

         

         

         

        模型専門店 SEKIYA

        営業時間   10:00〜19:00

        定休日    火曜日

        〒960-8034

        福島県 福島市 置賜町 6-16

        024-522-5497


        ゲームコーナーからのお知らせ  190615

        0

          新入荷のご案内

           

               6月 15日 入荷


          オインクゲームズ
          ☆★『ナインタイルパニック』                                 ¥2500+税

           

          アークライト
          ☆★『ゴミ箱パンダ 完全日本語版』                          ¥2200+税

           

          ☆★『フォッペン 完全日本語版』                             ¥1800+税

           

          OKAZU brand
          ☆★『商売往来』                                                  ¥3200+税

           

          グループSNE
          ☆★『Dr.ラッキーの島』             ¥3000+税

           

          グランディング
          ☆★『Upset-Kakumei(アップセットーカクメイー)』               ¥1944+税

           

          ディアシュピール
          ☆★『フォトムズ』                                                 ¥2593+税

           

          ☆★『パーティキンゴ!』                                         ¥2593+税

           

          B−CAFE
          ☆★『カンバン・メニュー』                                      ¥2800+税

           

                  

           

                  


             * 予約・ご注文はいつでもお気軽にお申し付けください。 

           


          模型専門店 SEKIYA
          営業時間 10:00〜19:00
          定休日 火曜日
          〒960-8034
          福島県 福島市 置賜町 6-16
          024-522-5497


          ゲームコーナーからのお知らせ  190614

          0

            新入荷のご案内

             

                6月 14日 入荷


            ウイザーズ
            マジック:ザ・ギャザリング
                      モダンホライゾン        1パック15枚入り                    ¥700+税

             

             

                     

             


                        * 予約・ご注文はいつでもお気軽にお申し付けください。 

             


            模型専門店 SEKIYA
            営業時間 10:00〜19:00
            定休日 火曜日
            〒960-8034
            福島県 福島市 置賜町 6-16
            024-522-5497


            痛車ではありません!あくまでも営業車です!・・・285!?

            0


              巷で人気のニパ子ちゃん

               

              そうです!
              ゴッドハンドのキャラクターのニパ子ちゃんです。

               

              そのニパ子ちゃんがフィーチャーされている営業車のプラモデルです。

              決して、いや、たぶん、痛車ではありません(;^_^A

               

                 


              『PROBOX NCP160V’14
                        営業用?Ver. 究極!ニパ子ちゃん』

               

                  

               

                     

               

                                        

               

              作者はしまさんです!

               

              以前、ゴッドハンドの営業の方が
              店にいらした時は白い車でした。

              http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2241

               

              それが新車になり、

              今回はゴッドハンドブルー?!になったわけですね(^-^)v

               

              そして、それがプラモデルに・・・ということです。

               

              しまさんのお話しでは
              今回、キットの指示は
              青一色なんだそうです。

               

              でも、実車がグラデーションなので
              そのようにしたそうです!

               

              それと
              今回のキットのデカールが透けるのだそうです(>_<)

              ということは、
              デカールを貼る時に気をつけなければならないわけです。

               

              そこで
              全体に白を塗装!

               

                 

               

              そして
              ニパ子ちゃんのデカールの部分をマスキング!

               

                


              そのマスキングをした 部分に合わせるようにデカールを貼る訳です。

               

                 

               

              そして

              デカールを貼るところが必ずしも平らではないわけで
              曲面に合わせなければならないの大変だったようです。

              ・・・曲面はズレるのだそうです。

               

                  
              それと
              フロントグリル。

               

                

               

              いくつかに切れているので

              そのあたりもたいへんだったようです。

              というのも、
              デカールが切れるというより割れるのだそうですΨ(`∀´#)

               

              その点が苦労したところだそうです。

               

              それがデカールが厚いからなのか
              厚いせいで割れるのか・・・わからないのだそうです。

               

              流れとしては
              ボンネットの部分をまずデカール貼り
              下の三段階にデカールを貼る!

               

                 

               

              そのたいへんさのせいか
              作例のほとんどが前の部分のデカールが貼られていないのだそうです。

               

              それから
              車の屋根の写真が見つからず
              どんな風になっていたのかわからないのがとても残念だったそうです。

               

                

               

              それから

              室内が工夫がされていて、
              リアシートがフラットになるのだそうです。

               

                 

               

              それが
              外から見えなくなってしまうので悲しかったそうです(+_+)

               

              そして、

              このキットは

              デカールの中味が多いのだそうです。

               

              ニパ子・・・285・・・!!!

              GodHand・・・Nipako・・・などなど

               

               

               

              それって、
              「お好きに貼ってください!」ということだと思うのだけど

              そんなに多くなくても(;^_^A

              ・・・というのが、しまさんのコメントでした。

               

              オリジナル仕上げをしている作例でピンクのニパ子ちゃんがあり、
              その作例の隣には「春ニパ子」が置いてあった!・・と伺ったので

              こちらはニパ子ちゃんを隣に置きました。

               

                

                  ・・・いかがでしょうか?!

               

               

               

              毎回感心してしまうのですが、

              ほんとうにきれいにまとまっているのは
              やはり、しまさんですね!

               

                 

               

               

              模型専門店 SEKIYA
              営業時間 10:00〜19:00
              定休日 火曜日
              〒960-8034
              福島県 福島市 置賜町 6-16
              024-522-5497

               

               


              ゲームコーナーからのお知らせ  190530

              0

                新入荷のご案内

                 

                   5月 30日 入荷


                風栄社
                ☆★『Blade Rondo Grim Garden』                                  ¥2700+税

                 

                イエローサブマリン
                ☆★『スティックスタック』                                             ¥2900+税

                 

                アークライト
                ☆★『チーキーモンキー新版 完全日本語版』                        ¥3000+税

                 

                こっち屋
                ☆★『サメマン』                                                            ¥1667+税

                 

                ホビージャパン
                ☆★『ノクティルカ 日本語版』                                          ¥4500+税

                 

                スロウカーブ
                ☆★『盾の勇者の成り上がり × The Last Brave』                  ¥2300+税

                 

                グループSNE
                ☆★『なつめも』                                                              ¥2700+税

                 

                          


                               * 予約・ご注文はいつでもお気軽にお申し付けください。 

                 


                模型専門店 SEKIYA
                営業時間 10:00〜19:00
                定休日 火曜日
                〒960-8034
                福島県 福島市 置賜町 6-16
                024-522-5497


                リトルアーモリーは1/12ですがこれはモデリウムの1/35です。

                0

                  しまさんが1/35のリトルアーモリーのフィギュアを作ってお持ちになりました。

                   

                     

                   

                  タイトルは

                    『豊崎恵那 +1』

                   

                         

                   

                                  

                   

                  このフィギュアのキットは

                  モデリウムとリトルアーモリーのコラボです。

                   

                  素材はレジンキャストキットです。

                   

                  そして

                  1人ではかわいそうと(思ったのかな!?)

                  タミヤの1/35の兵隊さんを一緒にしたそうです。

                   

                        

                   

                  いつも話題になる目の部分!

                   

                  今回の瞳は

                  何故かピンクというか赤系の色のデカールが付いていて

                  「ちょっと違うと思った」のと

                  「作例が青い瞳だった」ので

                   

                              

                   

                  筆塗で青にしたのだそうです。

                   

                          

                   

                  その瞳を塗る時

                  しまさん

                  フィギュアを固定して、

                  自分の手も固定して

                  筆だけを動かしたのだそうです。

                  ・・・想像しただけでも手が震えてしまいます(;^_^A

                   

                  一緒の兵士は

                  タミヤのイラク派遣 5体セットのうちの隊員B

                       

                  ・・・でも、ちょっといじったそうです。

                   

                      

                   

                  イメージはコスプレ?!

                  ・・・みたいな感じなのだそうです。

                   

                  それで

                  ゴーグルをさせたそうです。

                   

                     

                   

                  表情がわからないようにということのようですが

                  ゴーグルがヘルメットにおさまるように

                  ちょっと加工したそうです。

                   

                  フィギュアが

                  持っている銃はプラスティック製で

                   

                     

                   

                  内緒ですが

                  造形はタミヤより良かったそうです。

                   

                  顔は2パターンあったそうですが

                  正面向きにしたのだそうです。

                   

                  ベースに使ったのは

                  マックスファクトリーのけもフレのもの!

                       

                  あちらには改造したベースを使っていましたから

                  お持ちだったのですね(^-^)v

                   

                  迷彩の塗装は

                     

                  全体にグリーン系を塗り

                   

                  その後 タン

                   

                  そしてレッドブラウン

                   

                  そしてブラック

                   

                    

                  ・・・という順序でパターンを見ながら一つ一つの模様は

                  パターンを見ながら、少し大きめで仕上げたそうです。

                   

                  足下は

                  タミヤの情景テクスチャーペイントです。

                   

                  ということで、

                  4cmくらいのベースに一つの世界を創ってしまいました。

                   

                  それからせっかくなので

                  ・・・ガルパンの1/35のフィギュアと並べてみました。

                   

                    

                   

                       

                   

                  凄いですね!・・・しまさん

                   

                     

                   

                  次もお待ちしています☆\(▽⌒*)

                   

                   

                  模型専門店 SEKIYA

                  営業時間   10:00〜19:00

                  定休日    火曜日

                  〒960-8034

                  福島県 福島市 置賜町 6-16

                  024-522-5497


                   

                   


                  ゲームコーナーからのお知らせ  190527

                  0

                    新入荷のご案内

                     

                          5月 27日 入荷


                    スロウカーブ
                    ☆★『キャット&チョコレート
                                  ガチャピンチャレンジ編』                             ¥2500+税

                     

                    ☆★『ゴジラバトル 怪獣カード対決!』                         ¥2300+税

                     

                                  

                     

                    * 予約・ご注文はいつでもお気軽にお申し付けください。 

                     


                    模型専門店 SEKIYA
                    営業時間 10:00〜19:00
                    定休日 火曜日
                    〒960-8034
                    福島県 福島市 置賜町 6-16
                    024-522-5497


                    GSR初音ミクのスペシャルデカールをAMGに! 車のベースはタミヤです!

                    0

                      しまさん
                      きれいな桜のデカールを貼った車をお持ちになりました。

                       

                        

                       

                      『GSR初音ミク SLS AMG GT3
                                 AMG2017 SPA24H.Ver. 』

                       

                            

                        

                                

                       

                                                

                       

                      この車は
                      デカール貼りがしまさんでなければできなさそうな
                      とても難しそうなものです。


                      ベースになっている車のキットはタミヤ製!
                      ストレスなく組めたそうです。

                       

                      以前から
                      しまさん
                      初音ミクのGSRのデカールをいろいろと貼って
                      仕上げているわけですが
                      その際のキットは作るのにストレスをとても感じでしまっておいででした!

                       

                      繊細なデカール貼り自体とても気を使うことなのに
                      それ以前のベースになる車の製作に手間が掛かるというのは
                      ほんとうにストレスですものね!

                       

                             

                       

                          

                       

                      今回はタミヤのキットでほんとうによかった(*^_^*)

                       

                      次には
                      そのデカールについてです。

                       

                        

                       

                      このデカールは
                      いろいろな意味でとてもよかったそうです(^-^)v

                       

                      というもの
                      +破れない
                      +伸びがいい
                      ・・・・これらがとても大事なことです!


                      部分的なことも話してくださいました。

                       

                      ボンネットやルーフは比較的やり易い。

                       

                           

                       

                      サイドは各1枚ずつあり、
                      何と30分格闘したそうです(*^_^*)

                       

                           

                       

                           

                       

                      後ろのダクトの部分は少し入り込むようになるので

                       

                        

                       

                         

                       

                        

                       

                      2枚あってよかった!・・・ということでした。

                       

                      この入り込んでいる部分がとても難しかったということでした。

                       

                         

                       

                         

                       

                         

                       

                      作業をしてみて、トータルで
                      ほんとうにデカールが2枚あって良かった!
                      ・・・ということでした。

                       

                        

                         

                        

                         

                        

                       

                         

                       

                      デカールの基本は赤と白

                      赤の部分がデカールでなかったら・・・

                       

                      ということは、
                      塗装することになる訳だけれど


                      そうだったら、
                      つまり塗装するのだったら
                      しまさんにとってもたいへんだったと思うようです。

                       

                      で、結局、
                      下地は白を塗装したそうです。

                       

                      グッドスマイルカンパニーのデカールについていない細かいマークなどは
                      タミヤのキットに入っていたものを使ったそうです。

                       

                       

                       

                      塗装とでデカール貼りは
                      まず、下地の白を塗り、
                      次にデカールを貼って、
                      2・3日乾燥させて
                      そして
                      クリアを塗装して、
                      一週間乾燥させて
                      ・・・みたいな感じで進めたそうです。

                       

                      マークソフターやマークセッターも使ったそうです。

                       

                      今回特に難しかったのはドアノブの部分!

                       

                         

                       

                        

                        

                        

                       

                      アンダーゲートなので切っても影響がないので
                      ランナーについたままでデカールを貼ったそうです。

                       

                      セッターでやわらかくなるまでにして、
                      やわらかくなったら、その場の形にあわせてつける。

                       

                      文字にするとこんな感じですが
                      実際この作業をすることは
                      とてもたいへんなことです。

                       

                      しまさんには
                      ほんとただただ敬服です。

                       

                      おつかれさまです。

                       

                        

                       

                      そして、
                      みなさんには
                      実物をご覧いただきたいです.

                       

                      お待ちしています。

                       


                      模型専門店 SEKIYA
                      営業時間 10:00〜19:00
                      定休日 火曜日
                      〒960-8034
                      福島県 福島市 置賜町 6-16
                      024-522-5497

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      LINKS

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:2443 最後に更新した日:2019/08/16

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM