塗料瓶にも歴史あり!・・・それは日本のプラカラーの歴史!!

0

    先日お伝えしたクレオスの40周年記念記念塗料の発売ですが

             http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2079
    それをご覧になったしまさん
    ご自身の塗料類の中から探し出して持ってきてくださいました(#^.^#)

     

    それがコレ!

     

     

     

    クレオスのレベルカラーからの変遷がわかります(^-^)v

     

    塗料ビンの変遷の歴史は会社の歴史でもあるわけで、
    クレオスのホームページに何度かに分けて掲載されています。


    クレオスの正式名称は(株)GSIクレオス
    その前はグンゼ産業(株)でした。

     

    では、何故レベルカラーだったかというと
    レベルの総代理店契約をしていたからなのだそうです。

     

    レベルのプラモデルの輸入をしていたのです。
    そして、
    プラカラーはレベルからも発売されていました。


    ただ、
    そのレベルカラーはアメリカの環境での使用に適したもの(>_<)

     

    そのままでは
    日本の環境には、比較的湿度の高い日本では
    乾きにくく、・・・日本の環境には適さないということになってくるわけです。

    そして、
    それでは日本の気候に合った塗料を!
    ・・・ということになっていったようです。

     

    新しいことを始めることはなかなか大変です。

     

    協力してくれる企業を探し、交渉して
    メイド・イン・ジャパンの塗料を発売させたのでした!

    でも、
    その時はまだレベルとの契約もあり、
    それにイメージもあり、
    レベルカラーとしての発売になったそうです。

     

    その後、
    レベル社との契約が終了!

     

     

     

    その時に
    ホビークラフト部として
    カラーもMr.カラーとなっていったわけです。

     

    その時こそが1977年でした。


    そしてそれから40年!

     

    そして今回の40周年記念塗料となっていきます。

     

     


    皆さんもお手持ちの塗料を
    一度よーーーく見てみませんか?

     

    今までとは別の思いを感じるかもしれません!

     

     

     


    模型専門店 SEKIYA
    営業時間   10:00〜19:00
    定休日    火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     

     



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    LINKS

    SEKIYA

    ぶらっとWebTV

    フォーラム福島

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:2080 最後に更新した日:2017/07/29

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM