SDジムです!クロスシルエットフレームを使いました!

0

    waiqueureさん
    発売から一週間でお持ちになりました。

     

        

     

    『SDジム  −クロスシルエットフレームとー 』

     

       


    バンダイもいろいろな事を考えます。

     

           

     

    みんなが好きなSDガンダムに
    クロスフレームシルエットなるものを導入です。

     

    バンダイからの提案は
    SDフレームを使うか
    CSフレームを使うか・・・という選択でしたが
    waiqueureさんの場合
    ミックスしています。

     

      

     

                


    上半身はSDフレーム
    下半身はCSフレームを使っています。


    そして
    SDシリーズには
    量産型ジムはありません。

     

    ジムカスタムなどはあるのだけれど
    量産型ジムがないとのこと。


    そしてそのジムに手を加えています。

     

    一番わかり易いのは
    カメラアイの部分は何とジムジムの緑のアルミシールが
    結構余っていて使えたのでそこを使ったそうです。

     

         

     

    確かにジムジムのキットに入っているアルミシールは
    そんな余裕がありました・・・確認しました!

       

        

     

    ランドセルの片方を切りっぱなしにしました。

     

      

     

    腰回りのスカート部分を
    (GMでは前かけと言うのだそうですが・・・)
    真ったいらにしたそうです。

     

         

     

    それと塗装は
    HG GMの塗装指示をそのままで
    うすく塗装したのだそうです。

     

    もっといろいろと改造したかったそうです。

     

    それは次回・・とうことで
    早さの勝負でした。

     

        

     

    クロスシルエットフレーム ホワイトの次には
    クロスシルエットフレーム グレーが発売になります。

     

    機体によって
    似合う色というものあるようです。

     

    それぞれ選んで
    お楽しみください!

     


    模型専門店 SEKIYA
    営業時間 10:00〜19:00
    定休日 火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     

     


    ナイチンゲールとネオジオング・・・このサイズなら机に飾っておけますね!

    0

      しまさん
      ミニプラを作ってお持ちになりました。

        

        

       

      『ナイチンゲール』

      『ネオジオング』です。

       

                

       

      以前からお持ちになっていたものを作ってお持ちになりました。

       

      写真になってしまうと

      サイズ感がわからなくなってしまいます。

       

      それぞれの写真です。

       

      まず、

      『ナイチンゲール』 ・・・ 約5cm

       

                 

       

                 

       

      それから

       『ネオジオング』  ・・・ 約10cm

          

              

       

                  

       

      どちらもスケール的に大きなモデルになってしまいますから

          
      このくらいのコンパクトサイズですと
      机に飾っておけるので、ちょっとうれしくなります(*^_^*)

       

      しまさん
      「これは色を塗っただけです!」というお話しでした。

       

      成型色は ガンメタリックだったそうです。

       

      この頃のハロやプチッガイなどと並べても
      かわいいですね!

       

        

       

      こういった模型はちょっとした息抜きにもなりますね!
      ・・・たぶん(*^_^*)

       

      暑いですしね(;^_^A

       

       

       

      模型専門店 SEKIYA
      営業時間 10:00〜19:00
      定休日 火曜日
      〒960-8034
      福島県 福島市 置賜町 6-16
      024-522-5497

       

       


      ガンダムバルバトスルプスをジオラマにしました。と浅間さん(^-^)v

      0

        浅間さん

        鉄血のオルフェンズのガンダムバルバトスルプスをジオラマにして

        お持ちになりました。

         

           

         

        題して、

        『ガンダムバルバトスルプス』です。

         

                

                

                           

         

        メモお預かりしました。

        それを次に・・ 

         

        ・・・・

         

        今回は、『ガンダムバルバトスルプス』です。

        皆さんの作例に触発されて、購入してしまいました。

        そのまま作っても芸が無いので、膝立ちポーズでジオラマ化してみます。

         

               

         

        主に、下半身の工作のみで、上半身はキットのままです。

        太ももは、架空のスライド機構を表現してみました。

                 

        足首を沈ませるために、足首パーツを上下逆にし、かかとの位置を調整。

                 

        アーマー等の裏は、見える角度のみに(手抜き)、プラバン等で加工しました。

                  

         

                   

        ミカとオルガは、鉄道模型の物を加工して使用しています。

           

            

         

         

        今回の製作は、下記の事を試してみました。

         

        一つは、キットのペーパー掛けが楽に出来ないかと、

        クリームクレンザーを使ってみました。

        ペーパーヤスリでキットのすべてをペーパー掛けするのは、

        なかなか大変なので、クリームクレンザーと歯ブラシで洗浄してみました。

        もちろん、クリヤーパーツや繊細なパーツは注意が必要です。

        見た感じは、800番ほどでペーパー掛けをしたようになり、

        つや消しクリヤーを吹いたみたいになります。

               

        深い凹モールドなど は、パーツの形状を崩す事無く、

        ヤスリ掛けと同じ効果が得られたと思います。

        今回は合わせ目消しをしてから行いましたが、ランナーから切り出す前、

        ランナーごと研いだ方が楽なようです。

                

        1機、仮組みしたキットがありますが、ランナーごとクレンザー洗浄をしました。

        クリヤーパーツはキットから切り離して、ゴシゴシ洗いましたが

        今のところ問題ありません。

         

        もう一つは、ガンダムマーカーでチッピングをしてみました。

        結論から言えば、スポンジチッピングの方が楽です。

        傷の描きこみや、形状のコントロールが出来るかと思いましたが、

        スケールも合ってなかったかなと。

        思いのほか、時間だけが掛かりました。

        一応、使用したのはスミ入れ用のグレーです。

         

        取り敢えず、完成しました。

                  

        思った通りには行きませんでしたが、気に入ってます。

        作品は、あくまでも妄想の1シーンなのでお許しください。

         

        ・・・・・・・

         

                  

         

        ・・・・ということで、

        浅間さんらしい作品になりました。

         

        次もお待ちしています。

         

         

         

        模型専門店 SEKIYA

        営業時間   10:00〜19:00

        定休日    火曜日

        〒960-8034

        福島県 福島市 置賜町 6-16

        024-522-5497

         


        「わかる人には わかる!」・・・ハロ男さん 登場!

        0

          ご存知の方も多いのだと思われます!

           

          そんなキャラクターの登場です。

           

             

           

          『ハロ男(おとこ)さん』です。

           

                   

           

                            

           

                                

           

          お作りになったのは
           waiqueureさんです。

           

          いろいろな方面の情報をお持ちで
          私たちが知らないことなどもいろいろなことをご存知です。

           

          そして、
          模型もそのままというよりは
          いかにスパイスを効かせるか!ということが
          頭に浮かぶ方のように思います。

           

          マシーネンクリーガーのファンでもあるwaiqueureさん
          以前、コンテストに
          それを作品に反映させてお持ちになっています。

           

          ・・・と前置きが長くなりました。

           

          ハロのプラモデルが発売されてから
          皆さんがいろいろなパターンにアレンジして
          お持ちいただいているハロ
          ・・・その中でも個性的なハロです。

           

              

           

          楽しいですね(^-^)v

           

          このハロ男さん
          ガンダムエースに連載されている「ガンダムさん」に
          出てくるのだそうです。

           

            

           

          なんでも
          会社に落ちたのでハロに入ったのだそうです(;^_^A

           

          マンガ「ガンダムさん」は
          アニメ 機動戦士ガンダムを基にしたギャグ漫画です。

           

          そのギャグ漫画をご存知の方なら一目見て笑ってしまいます。

           

          ベースは
          ハロプラのグリーンです。

           

          ハロのグリーンは
          説明書通りの色で塗装したそうです。


          ハロから出ている腕はfigmaのポーズ人形のごっつい方だそうです。

           

             

           

          「figma  archetype next :he」 肌色を
          使ったそうです。

           

          でも
          関節はハマらなかったので、組み替えたそうです。

           

          携帯電話はプラ板で

             

                 

          手に持っている火のついたタバコはプラ棒で自作をしたそうです。

             

           

          なかなか面白い仕上がりになっています。

           

          そんなわけで
          なかなか楽しいハロになりました。

           

          次も楽しい作品
          お待ちしています!

           


          模型専門店 SEKIYA
          営業時間 10:00〜19:00
          定休日 火曜日
          〒960-8034
          福島県 福島市 置賜町 6-16
          024-522-5497

           

           


          人気のリーオーがやってきました!

          0

            ケイくんの作品です。

             

              

             

            なんだか人気の
            『リーオー』です。

             

                   


            ケイくんが言うには
            この機体は1号機なのだそうです。

             

            リーオーは量産機なのだそうで、
            シールドに「1」とデカールを貼ったのはそういうわけです。

             

                  

             

            陸戦型ガンダム リバイブ(本人申告)の
            マーキングシールを使ったそうです。

             

            お父さんのご指導がよろしいのでしょう!

             

            この頃は自分でもいろいろなやり方を考えて
            それをお父さんに教えたりしています。

            ・・・とても素晴らしい成長ぶりです(*^_^*)

             

            ガンプラについてもいろいろと知っています。

             

            ふじさんを師匠と仰ぎ、
            いろいろとアドバイスも受けています。

             

              

                     (師匠の作品と並んでいます。)

             

            ふじさん
            ご自分の作品にケイくんの感想を求めます。

             

            とてもうらやましい師弟関係です(^-^)v

             

            それにしても
            周りの大人たちは
            勝手なもので
            ケイくんには
            もっとハチャメチャな作品を期待していて、
            「まともに成長している!」と・・・ちょっとがっかりしています(;^_^A

             

            そうです!そうなんです。

             

            いつもは作った作品を見せてもらうだけなのですが
            今回はお父さんの許可も出たので
            しばらくお預かりすることになりました☆\(▽⌒*)

             

            では、
            どのように作ったのかケイくんに聞いたたことをまとめると・・・

             

            ・600番のヤスリで全体的にヤスったそうです。

                       
            ・頭部のセンサーのクリアパーツの裏にラピーテープを貼ったそうです。

                    
            ・リアルタッチマーカーの茶色でスミ入れをして、
              エッジの部分もシールドなども同じようにし
              その後ティッシュでガーーーーだそうです。
              (これはティッシュで拭いた、ということらしいです)
              そして、その後またヤスリがけをしたのだそうです。

                         

                     

            ・膝の関節のところにはグレーをアクセントに足したそうです。

                  

            ・マシンガンも微妙に汚したそうです。

                 

             

            周りが何と言おうと思おうと
            ちゃんとしっかり成長していますね!

             

            たくましいです!

             

            ケイくん!
            次もまた、がんばって作ってください。

             

            みんなで待っています(*^_^*)

             

            おじさんたちの言うことは
            あまり気にせずに・・・!
            ・・・おじさんたちはあなたに期待しているだけなのですから(*^_^*)

             

             

            模型専門店 SEKIYA
            営業時間 10:00〜19:00
            定休日 火曜日
            〒960-8034
            福島県 福島市 置賜町 6-16
            024-522-5497

             

             


            色を変えて作りました! ・・・ ガンダムダブルオーダイバー

            0

              ガンダムダブルオーダイバー
              前に河野さんがお持ちになっていたので
              色を変えて製作なさいました。

               

                  

               

              そして
              になさいました。

               

                   

               

              製作はほっけさん

               

              『ガンダムダブルオーダイバー』です。

               

                    

                     

                                  

                    

                                      

               

              河野さんの作品をご覧になっておいででしたので
              お対になるようにポージングをしてお持ちになりました。

               

              それと
              武器もソードではなく、
              銃に!

               

                    

               

              ビーム砲になさいました!


              全体的に見える範囲の青いところを
              赤くしていますが
              腹部の配色を大きく変えたそうです。

               

                   

               

              塗装の基本の3色は
              赤 ガイヤカラー ロースプライトレッド
              白 クレオス クールホワイト
              黄 クレオス キャラクターイエロー
              ・・・・・・・・です!

               

              頭部のアンテナは全部尖らせたそうです。

               

                  

               

              数が多いのでどこを持っても指が痛いことになったとのこと(;^_^A

               

              銃は
              鉄血のオルフェンズの
              MSオプション9から
              バレルを縮めてあるそうです

               

                    

               

              そして
              ビーム砲らしく見せたいので
              白を配色したのだそうです!

               

              それから
              ソードの塗装は
              グラデーションをかけてみたのだそうです。

               

                        

               

              そして
              腰に付けるとポーズがつけづらくなるので
              取り付け場所を肩に・・・!

               

                  

               

              ジョイント部らしくモールドを足したのだそうです。

               

                 


              それからベースの色を変えました。

               

              本体の色替えに合わせて赤系統にしたかったので
              ベースの紙の色を変えて印刷したのだそうです(^-^)v

               

                  

               

              クリアパーツを透明プラ板で作り直したのだそうです。
              これが今回一番手間が掛かったところだそうです(*^_^*)

               


              そんな訳で青と赤のお対でガンダムダブルオーダイバーが揃いました。

               

              ほっけさんもドンドン出来上がってきますね!

               

              次もお待ちしています!

               

               


              模型専門店 SEKIYA
              営業時間 10:00〜19:00
              定休日 火曜日
              〒960-8034
              福島県 福島市 置賜町 6-16
              024-522-5497

               


              ダイバーエースユニット ・・・ 追加しました!

              0

                河野さんが以前作ってお持ちいただいている
                「ガンダムダブルオーダイバー」
                http://sekiya-2f.jugem.jp/?eid=2247

                先日発売になった
                「ダイバーエースユニット」を追加してくださいました。

                 

                      

                 

                        

                          

                                  

                 

                ガンダムダブルオーダイバーエース

                キットになって、

                発売になる予定です。

                 

                今回もタイトルはそのまま!

                 

                 『ガンダムダブルオーダイバー』です。

                 

                        

                 

                この次に
                ほっけさんがお持ちになった作品が登場します。

                 

                ほっけさん
                何と河野さんの作品と対になるように!・・・と
                ポーズをとったりしています。

                 

                        

                 

                ご期待ください!

                 

                   


                嬉しいことに
                皆さんの作品がドンドン届いています(^^♪

                 

                その作品もなかなかカラフルです\(^-^)/

                 

                ショーケースがとても賑やかです。

                 

                記事がなかなか追いつきません(;^_^A

                 

                お楽しみになさってください☆\(▽⌒*)

                 

                 

                模型専門店 SEKIYA
                営業時間   10:00〜19:00
                定休日    火曜日
                〒960-8034
                福島県 福島市 置賜町 6-16
                024-522-5497

                 

                 


                ハロに歴史あり!  いろいろなハロがあります。

                0

                  Vガンダムに出てきたハロだそうです。

                   

                        

                   

                  『ハロ VガンダムVer.』

                   

                            

                   

                         

                   

                  おしょうさんが作ってお持ちになりました。

                   

                  なかなかおもしろいですね!

                  楽しいです!

                   

                  おしょうさん
                  物語のちょっとした一場面を捉えるのがお上手です!

                   

                  今回もVガンダムを見ていて
                  思いついたようです。

                   

                           

                   

                  “ウッソ・エヴィン”ハロなんだそうです。

                   

                  つぶらな瞳が印象的です。

                   

                      

                   

                  キットとしては縦割りになっているハロ

                   

                  それを
                  口のラインのスジボリを薄く削り、
                  パテを詰めた・・・そうです!

                   

                  目は
                  イージーサンディングで埋めて、
                  スピンブレード2mmで目になる部分を開け
                  ラピーテープで目の赤にしたそうです。

                   

                  口にくわえているコントローラーは
                  プラ板などを使って工作したそうです。

                   

                     

                   

                  コード類は
                  「自遊自在」という針金のミドリとアカを使って
                  それらしくしたのだそうです。

                   

                      

                   

                  この針金
                  意外と固く、工作が少したいへんだったとのことです。

                   

                      

                   

                  仕上がっている作品を見ると
                  思ったより絶対手間が掛かってたいへんだったと思うのです。

                   

                  それに

                      
                  キットを使ったことがわかるようと
                  耳(?)の部分は残したのだそうです。


                  ずっと何も変わらないように思えるハロですが
                  いろいろと変遷があるのですね(*^_^*)


                  ハロ・・・ますますいろいろと皆さんの模型魂を熱くさせているようです。

                   

                      


                  次はどんなハロに出会えるのでしょうか!!!

                   

                  楽しみお待ちしています。

                   

                   

                  模型専門店 SEKIYA
                  営業時間 10:00〜19:00
                  定休日 火曜日
                  〒960-8034
                  福島県 福島市 置賜町 6-16
                  024-522-5497

                   

                   

                   


                  地上戦仕様 グレイズです。・・・ ふじさんの新作です(^-^)v

                  0

                    少しずつ暖かくなって
                    (暑過ぎる日もありますが・・・)
                    作品の完成のスピードが増したのでしょう!

                     

                    皆さんの新作がドンドン届いています。

                     

                    今回はふじさんです!

                     

                      

                     

                    『1/100 地上戦仕様 グレイズ』

                     

                         

                     

                                   

                     

                    「鉄血のオルフェンズ」の機体です。

                     

                    そして
                    やや大きめのスケール1/100

                     

                    1/144よりは作り易くなるとのこと!

                     

                    そして
                    今回は改造をあまりせずに
                    ほぼストレートで作ったそうです。

                     

                    それと
                    シールドに磁石をつけて
                    取り外しを可能にしたのだそうです。

                     

                               

                     

                    それから
                    何カ所かホログラムのラピーテープを
                    使っています。

                     

                         

                     

                    どの角度からも見えるわけではありませんが
                    キラリと光って、効果的です。

                     

                    今回も
                    緑色がキラリ・・・!

                     

                        

                     

                    それと金色のテープも使っています。

                     

                         


                    前面の動力部や背中のバックパック(ちょっと見えにくいかも!)で
                    使っています。

                     

                    武器は
                    ダメージ表現をしてあります。

                             

                     

                    ダメージ表現は
                    やっていて楽しい

                    ・・そうです!

                           

                     

                        

                     

                    それに
                    1/100くらいでやる方がまとまる

                    ・・というのです。

                            

                     

                           

                     

                    それでも
                    少しはセーブしたのだそうです。

                     

                    ホビージャパンの作例が
                    ガッチガチのダメージ表現をしていて、
                    それよりは抑えたそうです。

                     

                    ダメージ表現は模型としては
                    ハッタリがきくかな?!

                    ・・・ということです。

                     

                       

                     

                    全体的な塗装は
                    今どきの米軍兵のイメージにしたのだそうです。

                     

                              

                     

                    そして、
                    最後にプレミアムトップコートの半光沢で仕上げてあるそうです。

                     

                                

                     

                                    

                     

                    このプレミアムトップコートの半光沢が
                    ふじさんの好みだということです。

                     

                             

                     

                    毎回いろいろな工夫をなさるふじさんですが
                    今回も皆さんに一目置かれる仕上りとなっています。


                    さすがふじさん

                     

                       

                     

                    ここのところ

                    次々と作品が仕上がってきましたが

                    それでも欲張って

                    次の作品もお待ちしています(^-^)v

                     

                     

                    模型専門店 SEKIYA
                    営業時間 10:00〜19:00
                    定休日 火曜日
                    〒960-8034
                    福島県 福島市 置賜町 6-16
                    024-522-5497

                     

                     


                    ハロが続きます。今度はガンダムマーカーエアブラシシステムを使いました。

                    0

                      先日、
                      キャンディー塗装のハロをお持ちになったほっけさん
                      皆さんのご要望にお応えして
                      ガンダムエアブラシシステムを使ったハロをお持ちになりました。

                       

                       


                      題して
                      『メタグリーン ハロ』です。

                       

                              


                      以前のジプシー・アベンジャーのメタリックブルー
                      同じ様にメタリック塗装です。

                       

                      メタリック色が
                      ガンダムマーカーエアブラシシステムを使うと
                      とてもいい感じになります。

                       

                            

                       

                      絶対とは言えませんが
                      マーカーで塗装するより
                      ブラシでする方がやはりきれいのようです。

                       

                         

                       

                      エアブラシに慣れているほっけさんだから
                      余計にその違いが判るようです。

                       

                      ベースは
                      ベーシックグリーンのハロだそうです。

                       

                      そこにメタリックグリーンのガンダムマーカー

                      目は今回はテープにせずに
                      メタリックレッドで塗装してあるそうです。

                       

                         

                       

                      3つ並んだハロ・・・かわいさもトリプルです!

                       

                         

                       

                      ハロの目のキラリは
                      ぜひ実物をご覧ください。


                      お待ちしています。

                       

                      模型専門店 SEKIYA
                      営業時間 10:00〜19:00
                      定休日 火曜日
                      〒960-8034
                      福島県 福島市 置賜町 6-16
                      024-522-5497

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      LINKS

                      SEKIYA

                      ぶらっとWebTV

                      フォーラム福島

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:2281 最後に更新した日:2018/08/13

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM