続きまして河野さんのボールハロです。

0

    次は河野さんの新作です。

     

       

     

     『ボールハロ』です。

     

      

     

    こちらは

    HGUCボールから腕と大砲を移植したのだそうです。

     

             

     

    と言っても、
    ハロの腕は
    胴体側のボールジョイントから第一関節までを切り出し
    HGUCボールの腕部に接着。

     

           

     

    HGUCボールの腕部には
    左右入れ替えると、ほぼ加工せずに接着ができるのだそうです。

     

          

     

    そして
    デザインに合わせて上腕、下腕、砲身は切り詰めています。

     

          


    色は
    本体は成型色に合わせて調色したのだそうです。
    が、配合は覚えていないそうです(;^_^A

     

    大砲は Mr.カラー 339 エンジングレー

     

       


    ベースはMr.カラー 71 ミッドナイトブルー

     

        


    そしてスミ入れをスミ入れシャープペンを使ったそうです。

     

    前回のシャア専用ボールハロと今回のボールハロ
    ・・・二つ並んでなかなか楽しいです!

     

       

     

    ハロもボールハロもこうしてたくさんケースに並びました。

     

       


    そして一つとして同じものがありません。

     

       

     

    皆さんもぜひご自分のハロやボールハロを作ってみませんか?!

     


    模型専門店 SEKIYA
    営業時間 10:00〜19:00
    定休日 火曜日
    〒960-8034
    福島県 福島市 置賜町 6-16
    024-522-5497

     


    またまた楽しい作品が登場です!アイディアいっぱいのwaiqueureさん!

    0

      Waiqueureさんが楽しいネタを仕込んでお持ちになりました。

       

      『シャア専用
               ボールハロ』
      です。

       

         

       

      ネタの出先は
      トニーたけざきのガンダム漫画の2巻に載っているのだそうです。

        ご存知の方もおいででした。

        「あっ!これ知っている!」と・・・・(^-^)v

       

         

       

                      

       

      その中にシャア専用ボールが出てきて、
      それを今回ボールハロで作ったというわけです。

       

           

       

      それで
      改造ポイントを伺うと
      ・手を短くした

                
      ・砲塔にサイコガンダムの手を使った

              
      ・ツノをつけた

        
      ・台座もカトキ版の台座っぽくした

             


      ボールハロ自体はとても作り易い!   

       

      手、うでの肉抜きは敢えて埋めない!


      ツノはコトブキヤのスパイクをパテを使いつけた!

             


      台座はトラス構造のようにした!・・・のに、ちょっと見えない・・・ザンネン!

         

       

      苦労したところは
      関節部分・・・サフを吹いた時割れた・・・そのままにしてしまった!

           


      塗装は
      シャアピンクにオレンジを少し混ぜた。

            
      その他の色は設定通り!


      目は蛍光グリーンに白を少し入れた・・・ハイライトが消えるそうです!


      赤に黒を入れろ!となっていたのはあずき色を使った。

       

      最後に・・・・・
      「シャア専用ボール」の説明をウキペディアから!
        ア・バオア・クー攻防戦のパロディシーンで、
        キシリアがジオングの代わりとして鹵獲したボールをシャアに与えた機体。
        外観的には赤く塗装された機体色・鬼のように左右に付けられているツノ
        (なぞのひみつメカを内蔵)
         ・ハンド部分しか使用されていない短縮されたアーム
         ・上面のジオングの手が特徴になっている。
        武装は120mmキャノン砲は撤去され代わりに最強メカサイコミュ(ジオングの手)に換装、
        さらに90mmバルカン砲が追加された。
        また機体下部のバーニアは大型化された通称「3倍バーニア」に変更され、
        出力も通常型の400kWに対し1200kWとなり「通常の3倍」の出力となっている。
        しぶしぶ出撃したシャアだったが、
        その機体の形状と色の所為で「まぎらわしい色」「敵か味方かはっきりしろ」と
        両軍から攻撃される破目になる。
        デザインはカトキハジメと無駄に豪華。
        また作品自体が模型を使用した漫画だったため、
        MG「RB-79 ボール Ver.Ka」のキットから改造した立体も存在する。

       

      ・・・・ということでした。

       

          

           

      Waiqueureさん・・・次も楽しみしてお待ちしています(^-^)v

       


      模型専門店 SEKIYA
      営業時間 10:00〜19:00
      定休日 火曜日
      〒960-8034
      福島県 福島市 置賜町 6-16
      024-522-5497

       


      リーオーは量産機です!・・・だから、バリエーションがたくさん!!!

      0

        和尚さん
        ケースにあるケイくんリーオーに並べようとお持ちになりました。

         

           

         

        題して
        『リーオー
              ビームキャノン装備』
        です。

         

           

         

         


        和尚さんがお持ちになり、
        ケイくんリーオーと並べてみると
        「あっ!
             ちょっと違った!」と和尚さん

         

           

         

        イメージしていたもの、
        思い込んでいたもの、
        ・・・時々違っています。・・・よくあることです!

         

           

         

        実は
        和尚さん
        ケイくんのウォッシングなどを参考に作っていらしたとのこと!

         

            

         

        ケイくんもますます腕をあげています。
        大人顔負けですから、そういうことにもなるというものです。

         

        基本的には
        肩の部分が違うだけだということです。

         

                

         

                                        

         

               

         

        肩の部分を
        プラ材などを使って、手を加えたそうです。

         

        ロボット魂のオプションセットを参考にしたとのこと。

         

        それから
        今回はマシンガン2丁持ちということで作ったそうです。

         

           

         

        和尚さんとしては
        リーオーは量産機なので

        何機いてもいい!・・・というのです。

         

        それに
        バリエーションも多いのでいろいろと作ることができる!
        ・・・ともお話しなさいました。

         

            


        そんな訳で量産機ですから・・・みなさんお待ちしています(^-^)v

         

         

        模型専門店 SEKIYA
        営業時間 10:00〜19:00
        定休日 火曜日
        〒960-8034
        福島県 福島市 置賜町 6-16
        024-522-5497

         


        モモハロです。・・・ カワイイ☆\(▽⌒*)

        0

          河野さん

          先日のきゃらっがい プッチガイ モモに続いて

            

          耳付きのハロお持ちになりました。

           

            

           

          『モモハロ』です。

           

              

                  

           

          何ともかわいいです。

          ケースに並べてありますが

          かわいい・・・です。

           

            

           

          コンテストの〆切も間近だったというのに

          「大丈夫ですか?河野さん!?」

          ・・・・と伺ってしまいました。

           

          聞いたところによると

          乾燥ブースにいろいろと入っていて

          コンテストのために仕上げなければならないのだというのです。

           

             

           

          そりゃあ、たいへんです(;^_^A

           

          それで

          先日のプチッガイ モモと同じピンクです。

           

          目はクリアブルーをたらしたのだそうです!

           

             

           

          ベースは

          調色をして塗装してあります。

             

          そう!

          調色してあるのです。

           

          元の色に準じた色で調色したのだそうです。

           

          似て異なる色なのだそうです。

           

          いろいろと工夫して

          楽しんでおいでです!

           

           

           

          以前、キットの箱を開けて、成型色だけを見た時

          イメージと違うと思ったものですが

          こうしてきれいに塗装してあると

          やっぱりかわいいです!

          なかなかキュートです(^^♪

           

          ハロもいろいろと揃いました!

           

            

           

          模型専門店 SEKIYA

          営業時間   10:00〜19:00

          定休日    火曜日

          〒960-8034

          福島県 福島市 置賜町 6-16

          024-522-5497

           


          ザク兇ら旧ザクへ・・・SDで作りました!

          0

            waiqueureさん
            前回と同じように改造して、お持ちになりました。

             

                 

             

            タイトルは
            『SD 旧ザク』です。

             

                      

             

            SDガンダムクロスシルエットシリーズのザク兇ら改造したそうです。

             

               

             

            上半身は
            可動を考えて、CSフレームに交換したそうです。


            これでタックルのポーズも取れることになるそうです。

             

            しかし、下半身は
            どっしりと見せたいのでSDフレームのままにしたのだそうです。

             

            全体のシルエットはそんな感じ!

             

            それから頭部です。
            TV版のイメージで作っているので
            アンテナ基部のモールドは埋めました。

             

            顔正面の柱と後ろのトサカはプラ材を削って、接着。

             

                      

             

            動力パイプは削り取った後で穴埋め!

             

                  

             

            肩スパイクは
            裏側をパテで埋めてから切り取りました。

             

                

             

            足の動力パイプは
            丁寧に削り取るとほとんど穴が開きませんでした。

             

                 

             

            胸中央は削って加工。
            ゴッドハンドの神ヤス240番と流し込みセメントが大活躍したのだそうです。

             

            シールドがもったいないので
            スパイクシールドを製作!

            取っ手をプラ棒を簡単に加工して接着。

             

               

             

            スパイクは
            切り取った肩スパイクでは大きかったので

              
            コトブキヤのプラユニットから。

             

            バズーカは

              
            TVでは使ってないので、ザク桐僂里泙泙任后

             

            塗装は
            HGUCを参考に、
            Mr.カラーを調合したのだそうです。

             

                 


            フレームはわざと塗り残しました。

            トップコートのつや消しを多めに掛けて
            古びた感じにしています。

             

             

                

             

             

            なかなかいろいろ工夫なさっています。


            それも楽しんで(*^_^*)

             

            次もお待ちしています、ね!


            模型専門店 SEKIYA
            営業時間 10:00〜19:00
            定休日 火曜日
            〒960-8034
            福島県 福島市 置賜町 6-16
            024-522-5497

             

             


            ”プッチガイ きゅらっかい モモ”・・・つぶらな瞳です!

            0

              河野さんがかわいらしいピンクのプッチガイをお持ちになりました。

               

                      

               

              フルネームは
              『プチッガイ きゃらっかい モモ』です。

               

                        

                

               

              河野さんの第一声は
              「全部塗装しました。」でした。

               

              あっさりと仕上げているのかと思いきや
              結構な手数を踏んでます。

               

              なんと髪の毛のモールドは彫り直し

                  
              背中のリボンの肉抜き部分は埋めたそうです。

                        

               

                         

               

               

              それに髪の毛のポニーテールの部分の髪の部分を抜いたそうです。

               

                 

               

                    

               

               

              つぶらな瞳はシールだそうです。

                 

               

              ピンクと一口に言っても
              色合いが思ったようにいく時ばかりではありません。

               

              今回は調合した色が成形色と同じようになってしまった・・・!
              と、いうことでした。

               

                     

               

              なかなかいい色です!・・・かわいい!

               

              塗装は
              ブラッドレッドを下地の色にして、
              肌色はフレームアームズ・ガールの肌色を2色使いにしたそうです。

               

              肌色も
              下地の色でいろいろと加減できます。

               

              色を重ねるということ
              その色を選ぶということ
              ・・・なかなかたいへんですが面白いですね!


              プッチガイやハロは
              色やテーマの違いで次々に発売になっています。

               

              そして
              女性陣に人気があります。

              何と言ってもかわいいですから!

               


              模型専門店 SEKIYA
              営業時間 10:00〜19:00
              定休日 火曜日
              〒960-8034
              福島県 福島市 置賜町 6-16
              024-522-5497

               

               


              SDジムです!クロスシルエットフレームを使いました!

              0

                waiqueureさん
                発売から一週間でお持ちになりました。

                 

                    

                 

                『SDジム  −クロスシルエットフレームとー 』

                 

                   


                バンダイもいろいろな事を考えます。

                 

                       

                 

                みんなが好きなSDガンダムに
                クロスフレームシルエットなるものを導入です。

                 

                バンダイからの提案は
                SDフレームを使うか
                CSフレームを使うか・・・という選択でしたが
                waiqueureさんの場合
                ミックスしています。

                 

                  

                 

                            


                上半身はSDフレーム
                下半身はCSフレームを使っています。


                そして
                SDシリーズには
                量産型ジムはありません。

                 

                ジムカスタムなどはあるのだけれど
                量産型ジムがないとのこと。


                そしてそのジムに手を加えています。

                 

                一番わかり易いのは
                カメラアイの部分は何とジムジムの緑のアルミシールが
                結構余っていて使えたのでそこを使ったそうです。

                 

                     

                 

                確かにジムジムのキットに入っているアルミシールは
                そんな余裕がありました・・・確認しました!

                   

                    

                 

                ランドセルの片方を切りっぱなしにしました。

                 

                  

                 

                腰回りのスカート部分を
                (GMでは前かけと言うのだそうですが・・・)
                真ったいらにしたそうです。

                 

                     

                 

                それと塗装は
                HG GMの塗装指示をそのままで
                うすく塗装したのだそうです。

                 

                もっといろいろと改造したかったそうです。

                 

                それは次回・・とうことで
                早さの勝負でした。

                 

                    

                 

                クロスシルエットフレーム ホワイトの次には
                クロスシルエットフレーム グレーが発売になります。

                 

                機体によって
                似合う色というものあるようです。

                 

                それぞれ選んで
                お楽しみください!

                 


                模型専門店 SEKIYA
                営業時間 10:00〜19:00
                定休日 火曜日
                〒960-8034
                福島県 福島市 置賜町 6-16
                024-522-5497

                 

                 


                ナイチンゲールとネオジオング・・・このサイズなら机に飾っておけますね!

                0

                  しまさん
                  ミニプラを作ってお持ちになりました。

                    

                    

                   

                  『ナイチンゲール』

                  『ネオジオング』です。

                   

                            

                   

                  以前からお持ちになっていたものを作ってお持ちになりました。

                   

                  写真になってしまうと

                  サイズ感がわからなくなってしまいます。

                   

                  それぞれの写真です。

                   

                  まず、

                  『ナイチンゲール』 ・・・ 約5cm

                   

                             

                   

                             

                   

                  それから

                   『ネオジオング』  ・・・ 約10cm

                      

                          

                   

                              

                   

                  どちらもスケール的に大きなモデルになってしまいますから

                      
                  このくらいのコンパクトサイズですと
                  机に飾っておけるので、ちょっとうれしくなります(*^_^*)

                   

                  しまさん
                  「これは色を塗っただけです!」というお話しでした。

                   

                  成型色は ガンメタリックだったそうです。

                   

                  この頃のハロやプチッガイなどと並べても
                  かわいいですね!

                   

                    

                   

                  こういった模型はちょっとした息抜きにもなりますね!
                  ・・・たぶん(*^_^*)

                   

                  暑いですしね(;^_^A

                   

                   

                   

                  模型専門店 SEKIYA
                  営業時間 10:00〜19:00
                  定休日 火曜日
                  〒960-8034
                  福島県 福島市 置賜町 6-16
                  024-522-5497

                   

                   


                  ガンダムバルバトスルプスをジオラマにしました。と浅間さん(^-^)v

                  0

                    浅間さん

                    鉄血のオルフェンズのガンダムバルバトスルプスをジオラマにして

                    お持ちになりました。

                     

                       

                     

                    題して、

                    『ガンダムバルバトスルプス』です。

                     

                            

                            

                                       

                     

                    メモお預かりしました。

                    それを次に・・ 

                     

                    ・・・・

                     

                    今回は、『ガンダムバルバトスルプス』です。

                    皆さんの作例に触発されて、購入してしまいました。

                    そのまま作っても芸が無いので、膝立ちポーズでジオラマ化してみます。

                     

                           

                     

                    主に、下半身の工作のみで、上半身はキットのままです。

                    太ももは、架空のスライド機構を表現してみました。

                             

                    足首を沈ませるために、足首パーツを上下逆にし、かかとの位置を調整。

                             

                    アーマー等の裏は、見える角度のみに(手抜き)、プラバン等で加工しました。

                              

                     

                               

                    ミカとオルガは、鉄道模型の物を加工して使用しています。

                       

                        

                     

                     

                    今回の製作は、下記の事を試してみました。

                     

                    一つは、キットのペーパー掛けが楽に出来ないかと、

                    クリームクレンザーを使ってみました。

                    ペーパーヤスリでキットのすべてをペーパー掛けするのは、

                    なかなか大変なので、クリームクレンザーと歯ブラシで洗浄してみました。

                    もちろん、クリヤーパーツや繊細なパーツは注意が必要です。

                    見た感じは、800番ほどでペーパー掛けをしたようになり、

                    つや消しクリヤーを吹いたみたいになります。

                           

                    深い凹モールドなど は、パーツの形状を崩す事無く、

                    ヤスリ掛けと同じ効果が得られたと思います。

                    今回は合わせ目消しをしてから行いましたが、ランナーから切り出す前、

                    ランナーごと研いだ方が楽なようです。

                            

                    1機、仮組みしたキットがありますが、ランナーごとクレンザー洗浄をしました。

                    クリヤーパーツはキットから切り離して、ゴシゴシ洗いましたが

                    今のところ問題ありません。

                     

                    もう一つは、ガンダムマーカーでチッピングをしてみました。

                    結論から言えば、スポンジチッピングの方が楽です。

                    傷の描きこみや、形状のコントロールが出来るかと思いましたが、

                    スケールも合ってなかったかなと。

                    思いのほか、時間だけが掛かりました。

                    一応、使用したのはスミ入れ用のグレーです。

                     

                    取り敢えず、完成しました。

                              

                    思った通りには行きませんでしたが、気に入ってます。

                    作品は、あくまでも妄想の1シーンなのでお許しください。

                     

                    ・・・・・・・

                     

                              

                     

                    ・・・・ということで、

                    浅間さんらしい作品になりました。

                     

                    次もお待ちしています。

                     

                     

                     

                    模型専門店 SEKIYA

                    営業時間   10:00〜19:00

                    定休日    火曜日

                    〒960-8034

                    福島県 福島市 置賜町 6-16

                    024-522-5497

                     


                    「わかる人には わかる!」・・・ハロ男さん 登場!

                    0

                      ご存知の方も多いのだと思われます!

                       

                      そんなキャラクターの登場です。

                       

                         

                       

                      『ハロ男(おとこ)さん』です。

                       

                               

                       

                                        

                       

                                            

                       

                      お作りになったのは
                       waiqueureさんです。

                       

                      いろいろな方面の情報をお持ちで
                      私たちが知らないことなどもいろいろなことをご存知です。

                       

                      そして、
                      模型もそのままというよりは
                      いかにスパイスを効かせるか!ということが
                      頭に浮かぶ方のように思います。

                       

                      マシーネンクリーガーのファンでもあるwaiqueureさん
                      以前、コンテストに
                      それを作品に反映させてお持ちになっています。

                       

                      ・・・と前置きが長くなりました。

                       

                      ハロのプラモデルが発売されてから
                      皆さんがいろいろなパターンにアレンジして
                      お持ちいただいているハロ
                      ・・・その中でも個性的なハロです。

                       

                          

                       

                      楽しいですね(^-^)v

                       

                      このハロ男さん
                      ガンダムエースに連載されている「ガンダムさん」に
                      出てくるのだそうです。

                       

                        

                       

                      なんでも
                      会社に落ちたのでハロに入ったのだそうです(;^_^A

                       

                      マンガ「ガンダムさん」は
                      アニメ 機動戦士ガンダムを基にしたギャグ漫画です。

                       

                      そのギャグ漫画をご存知の方なら一目見て笑ってしまいます。

                       

                      ベースは
                      ハロプラのグリーンです。

                       

                      ハロのグリーンは
                      説明書通りの色で塗装したそうです。


                      ハロから出ている腕はfigmaのポーズ人形のごっつい方だそうです。

                       

                         

                       

                      「figma  archetype next :he」 肌色を
                      使ったそうです。

                       

                      でも
                      関節はハマらなかったので、組み替えたそうです。

                       

                      携帯電話はプラ板で

                         

                             

                      手に持っている火のついたタバコはプラ棒で自作をしたそうです。

                         

                       

                      なかなか面白い仕上がりになっています。

                       

                      そんなわけで
                      なかなか楽しいハロになりました。

                       

                      次も楽しい作品
                      お待ちしています!

                       


                      模型専門店 SEKIYA
                      営業時間 10:00〜19:00
                      定休日 火曜日
                      〒960-8034
                      福島県 福島市 置賜町 6-16
                      024-522-5497

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      LINKS

                      SEKIYA

                      ぶらっとWebTV

                      フォーラム福島

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:2339 最後に更新した日:2018/12/06

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM